競馬奮闘記@頑張れサラリーマン! > コラム > 競馬で儲け過ぎ国税に追われた39歳

コラム

競馬で儲け過ぎ国税に追われた39歳

産経新聞 2013/05/31 10:34

【関西の議論】

 競馬に笑い、競馬に泣いた男性に下された判決は「有罪だが、国税当局の課税方法は不相当」というものだった。競馬などの所得を申告せず、所得税約5億7千万円の支払いを免れたとして所得税法違反(単純無申告)罪に問われた元会社員の男性(39)。大阪地裁は23日、懲役2月、執行猶予2年(求刑懲役1年)の有罪としながらも、課すべき税額を約5200万円と約10分の1に大幅減額した。職を失い、預貯金も尽き果て、「妻は毎日泣いている」と話していた男性は、実質勝訴の判決に「裁判所に感謝する」と安堵(あんど)の表情。専門家からは「現行の課税方式は時代遅れ」との声も上がる。

 ■有罪、だが大幅減額

 5月23日午前10時、大阪地裁で最も大きい201号法廷には判決を聞こうと競馬ファンら傍聴希望者が詰めかけた。ダークスーツ姿の男性は緊張した表情で入廷。西田真基裁判長に促されて、ゆっくりと証言台の前に立った。

 裁判長が主文を言い渡す。

 「被告人を懲役2月に処す。判決確定の日から2年間、刑の執行を猶予する」

 有罪宣告。だが、その後に地裁が認定した所得額と税額が読み上げられると、法廷の空気がにわかに緊張を帯び始める。検察側が起訴した金額からいずれも大幅に減額されていたからだ。

記事URL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/658699/

<<競馬で資金を2倍にする方法を知っていますか? | 競馬奮闘記@頑張れサラリーマン!トップへ | 2013中京記念 狙えるのはこんな馬だ!>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa