競馬奮闘記@頑張れサラリーマン! > 天皇賞 > 天皇賞・春、アドマイヤジュピタが接戦制す

天皇賞

天皇賞・春、アドマイヤジュピタが接戦制す

4日、京都競馬場で行われた春の古馬頂上決戦・第137回天皇賞・春(4歳上、GI・芝3200m)は、岩田康誠騎手騎乗の3番人気アドマイヤジュピタ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)が、スタートで立ち遅れ、道中は中団の後方を追走。

2周目3角あたりから徐々にポジションを上げると、直線に向いて鋭く抜け出し、内から猛追した2番人気メイショウサムソンをアタマ差抑えて優勝した。

勝ちタイムは3分15秒1(良)。1番人気のアサクサキングスは好位4番手から早めに進出したが、さらに2.1/2馬身差の3着に敗れた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080504-00000009-kiba-horse



あなたは、取りましたか?

<<天皇賞 狙いは万馬券! | 競馬奮闘記@頑張れサラリーマン!トップへ | 強襲!マイニングタイム複勝馬券術>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa